2016-06-19

軽くなってまとまりにくくなった髪はカットで調整。

こんにちは!
AW代官山の渡辺拓人です!

 

先日初めて担当させて頂いたお客様。
今回はカット・カラーをご希望だったのですが、毛先のまとまりがつきにくく、おさまりを良くしたいということでした。

さっそく髪の毛を見させて頂くと、中間から毛先がかなり軽くなっている状態。
根本〜中間に緩やかにうねる様なクセがある髪質なので、毛先の軽くなっている部分がその影響を受けやすくなり、おさまりにくくなっています。

 

 

レイヤースタイルなど動きを出すスタイルは別ですが、ボブなどのある程度まとまりを出すスタイルの場合、毛先のみを軽くしてしまうとどうしてもクセの影響を受けまとまりがつきづらくなってしまったり、あばれやすくなってしまいます。
(髪質やクセの具合により変わります。)

 

この場合は、

① 軽くなってしまっている毛先をカットし、厚みを出す。

② ストレートパーマでクセをとる

などの方法が有効だと思います!

 

今回は①の方法でまとまりを出させて頂きました。

仕上がりはコチラ。

 

 

毛先の軽くなりすぎている部分をある程度の厚みが出る所までカットさせて頂きました!

これでだいぶまとまりが出てくれると思います。

 

毛量の取方一つで仕上がりのデザインもかなり変わってくるので、ヘアスタイルをオーダーする際は注意してみて下さいね!

 

今回はカットでまとまりを出させて頂いたんですが、これからの梅雨の時期はどうしても湿気で髪のクセが出やすい季節になってくるので、ストレートパーマである程度クセを落ち着かせてしまうのももおススメです。

今はまっすぐにし過ぎないストレートパーマもありますので、希望の質感などもご相談して頂ければと思います!

 

ぜひ参考にしてみて下さい〜

 

 

 

 

 

 

ご予約、ご質問はライン@からお気軽にどうぞ\(^o^)/

友だち追加

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA